住宅ローン申し込みは金利比較をしてから?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンを組むにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには住宅ローンを組まないといけません。
銀行や信用金庫、ネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。
住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。
審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。
ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。