引っ越しの悩みって?

荷物の整理から子供の教育まで、あらゆる準備が整うと、次には海外赴任と言うことになります。
(笑顔)(汗)しかし、いざ現地に着くと、それまでとは全く違う光景に胸を躍らせる人も少なくないと思います。
(汗)ただ、海外生活を楽しむ前にやっておかなければならないことがあります。
それは、まだまだあると思います。
現地に着けば、まず「在留届」の提出を行う必要があります。
日本人が外国に滞在する場合は、3ヶ月以上の長期滞在に限り、在留届を在外公館に提出しなければいけません。
在外公館と言うのは、「日本国大使館」や「総領事館」などですね。
これらの施設の窓口に行けば在留届をもらえます。
ですから、なるべく早めに足を運びます。
そして、必要事項を記入します。
また、日本国内での引っ越し同じです。
海外赴任の時も隣人への挨拶は必要です。
<現地の言葉が話せない場合>※辞書や手引き等を見ると良いですね。
そんなことで引っ越しの挨拶を覚えておきましょうね。
友人であればメールで問題ありませんが、目上の人に対して、絵はがきなどを送る方が良いですよね。
それらと併行して、ライフラインの各種手続きの準備も早めに行いましょうね。
最も、電気、ガス、水道については、不動産業者に依頼しておけば良いですね。
また、アパートなどを借りる時は、管理人がやってくれますので、あとは、電話、インターネットなどの手続きを行いましょう。
(笑顔)