東日本大震災で重要だったのは非常食だったの?

東日本大震災で液状化現象がありました。
どのような土地が液状化現象が起きやすいか!?この事についてある程度わかってきましたよね。
ですから、その情報に基づいてマップが作られることになりました。
(笑顔)それは「液状化危険度マップ」と言います。
知ってますか。
※東日本大震災以降では、各地で液状化現象を予測するマップが作られるようになっています。
もちろん、このマップを見たとしても、引越しが出来る訳ではありませんよ。
しかし、地震が起きた時に、どのような事になるのか!?その事を知っておくことですね。
それが大切です。
それがわかります。
<液状化現象のメカニズムについて>メカニズムは、研究機関の啓蒙活動の効果もあります。
(笑顔)また、その恐ろしさも理解が進んでいます。
今までも災害マップが作られていました。
しかし、液状化マップと合わせて、自分の避難経路を考えておくですね。
もちろん、日本中の全ての地域でマップが作られている訳ではありません。
(汗)(笑顔)。
<液状化マップについて>知ってますか。
しかし、液状化現象の危険度について理解されていなかったこともあって、注目を集めることもなかったと言います。
(汗)。
※ちなみに東京では、昭和62年に東京低地の液状化予測図が作られています。
※平成3年度には、「東京港埋め立て地盤の液状化予測」として作り直されています。
非常食おすすめ通販!レトルト缶詰比較!【セットで人気は?】